債務整理の中で最初に考える任意整理

任意整理とは

任意整理とは債務整理の中では少ない公的機関に書類などの提出が必要でない債務整理の一つで金融機関から借入れている総借金額を少しでも減らすことを目的としているので、借金を抱えてしまっているけど仕事などで定期的に一定の収入があり返済能力がある者に有効な債務整理と言えます。
そのため、職を失っている者には任意整理を行うことはできませんが、アルバイトやパートで一定期間の収入があるようなら正社員である必要はなく任意整理を進めていくことが可能になっています。
借金の総額や借入件数が多くない場合に有効な任意整理ですが、仕組みとしてはお金を貸出している金融機関が裁判所などを通さずに私的に交渉を進めていくことになり借金の減額や利息を減らすことで支払い者の負担を減らしていこうというものなので場合によっては金融機関側が応じず交渉が難航することもありますが司法書士や弁護士に依頼することで代わりに交渉してくれるため依頼主が交渉を進めていく必要はありません。
個人的に金融機関と交渉を進めていくことも可能ですが、この場合も金融機関に取引経過を提示する義務はないので交渉が難航する場合が多いので専門家に依頼する方がよいでしょう。
債務整理の中で一番利用されているのが、この任意整理ですが交渉を進めていくうちに払いすぎていた金利などが発覚した場合などで多額のお金が返済されることもあるので自分の借金を把握するという意味でも大変有効な債務整理となっています。

任意整理の手順

任意整理をする場合は借金の金額を減らすことを目的としているため、毎月の収入に応じて負担の少ない返済計画を立てる必要があるため、5年程度先まで継続して安定的な収入があることが一つの条件となっています。
任意整理をしようと思ったら、まずは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談をしに行く必要がありますが、相談自体に費用がかかることもあるのでできれば相談を無料でしてくれるところで相談に乗ってもらい任意整理が可能かどうかといったことや任意整理によるメリット・デメリットなどをしっかりと聞いて任意整理をすることでの自分にとっての利点がどのようなものなのか把握しましょう。
相談に費用がかかる場合は、出来るだけ簡潔に話をする必要があるため事前に借り入れ先の住所や連絡先、いつから利用を開始したのかという情報をまとめて各金融機関から発行されたカードやクレジットや利用明細、仕事の情報なども分かりやすくまとめておきましょう。
相談をして専門家に依頼することになったら、金融機関が依頼主にお金を貸し出しした履歴を専門家が開示請求を行って過去に遡って調べることが可能になるので利息制限法に沿って話を進めていくことになります。
そこで、金融機関と専門家との間で和解契約が結ばれたあとはその時に決められた返済計画に沿って残っている返済金額を完済に向けて返済していくことになるので、自己破産と違い完済を目的としていることからペナルティは債務整理の中でも少なくなっています。

任意整理のメリット

任意整理を行うにあたって裁判所などを介さずに交渉を進めていくことが可能な債務整理になるので手続きが他の債務整理に比べて少なくて済み、資料などを集める必要もなく官報に記載されることもないため誰にも知られずに話を進めていくことが可能となっており司法書士や弁護士などの専門家と任意整理の契約が決まった直後には金融機関からの催促がとまるので精神的な面からも負担が軽減されることになります。
また、複数の金融機関からお金を借り入れる場合はすべての金融機関と任意整理をする必要はなく借り入れ総額が多いところの金融機関は利息が高いところの金融機関など必要に応じて任意整理ができるというのも任意整理ならではのメリットといえます。
金融機関によっては違法な金利で貸し出しを行っているところもありますが、これらの金融機関で貸入れをしていた場合は任意整理によって返済額が減るだけではなくお金を回収できる場合もあるので任意整理をして借り入れを行っている金融機関の状態を調べること自体に利点があるといえます。
また、債務整理によって返済額が減ったり利息が減るということも任意整理ならではの利点であり金融機関はできるだけ返済額を減らしたり利息を減らしたりするのは避けたいのが実情ですが自己破産されて全くお金が返ってこなくなるよりは多少減額してでも返してもらう方が金融機関にとっても有益な話なので交渉が難航するケースは比較的少なくスムーズに話が進む場合が多いです。

任意整理の注意点

任意整理を行う上でのデメリットは金融機関のブラックリストの載るということで、裁判所などを介さないで手続きを進めていくことが可能ですが、信用情報にキズを入れてしまうことになるのでそこから数年間は金融機関からの借り入れを行うことができなくなるということを事前に認識して置く必要がありますが、ブラックリストに載ってしまうとお金を借りられなくなるということだけではなくクレジットカードなどが作れなくなってしまうので注意が必要です。
ただし、お金の借り入れができないという状況に強制的に立たされることで借金をすることはなくなるので何件からもお金を借入れている場合や負債額が多額の場合は任意整理をしてお金を借りられない状況にするというのも将来を考える上での一つの手段だと言えます。
また、任意整理をしたあとの返済についても遅延することは厳禁で、払えなくなると利息が付加されたり一括請求されたりするため再び債務整理をしなければならないと言う状況に陥ってしまうので任意整理後の返済額は負担の少ないようになっているはずなのできっちりと返していきましょう。
任意整理の回数制限はないため、再び任意整理によって債務整理を行うことは可能になりますが、任意整理には専門家に対する費用が発生するため何度も任意整理を行うことで多額の費用を支払うことになるので注意が必要です。
任意整理によって返済額の優遇を受けられる場合がありますが、お金を借りる場合は借りたお金はきっちり返すという意識を忘れないようにしましょう。


このページの先頭へ戻る